無料で動画を見るマル秘テクニック 〜新作も話題作も未来永劫タダ〜
携帯動画配信サービス(初期費用)

話題の無料動画

偽ドラえもん最終回【ユーチューブ動画配信所】

藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の「最終話」と称して偽のストーリーを勝手に漫画化して販売していた男性が「ドラえもん」関係者に警告を受け、売り上げの一部を支払ったという。

その最終回ストーリーとは、
ある日突然ドラえもんが動かなくなってしまった。未来の世界からドラミを呼んで原因を調べたところ、バッテリー切れが原因だと分かった。
しかし、旧式の猫型ロボット(この場合はドラえもん)のバックアップ用記憶メモリーは耳に内蔵されているが、ドラえもんは既に耳を失っていたので、バッテリーを交換してしまえば、のび太とすごした日々を完全に忘却(リセット、すなわち『消去』)してしまう事が分かった。
バックアップを取ろうにも方法が分からず、開発者を呼ぼうとするも設計開発者の情報は訳あって超重要機密事項となっていた。
のび太は迷いの末、とりあえずドラえもんを押入れにしまい込み、皆には『ドラえもんは未来へ帰った』と説明したが、ドラえもんのいない生活に耐えられず、猛勉強をしてトップクラスのロボット工学者に成長する。
工学者になってから、しずかちゃんと結婚し、しずかちゃんの目の前で、修理したドラえもんのスイッチを入れ、ドラえもんがいつものように『のび太君、宿題終わったのかい?』と言い復活する。
つまりドラえもんの製作者はのび太であったという話である。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43289783
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。